最新ニュース

産学連携で新たな発展力を 金属成形の新たな契機に

SEYI-join-hands-to-link-the-industry-university-new-momentum



台湾のスマート機械の発展と金属成形機械の人材育成に向けて、SEYI協易機械は5月21日に国立高雄科技大学に金属成形産業の最新トレンドのような機械である「サーボプレス」を寄贈しました。協易機械の郭挺鈞総経理は贈呈式で象徴的にサーボプレスのモデルを高雄科技大学の楊慶煌学長に寄贈しました。実際操作の機会を提供し、金属の成形に関する教育及び学生の育成を支援します。


高雄科技大学の楊慶煌学長は、この度、精密で先進的なサーボプレスを贈呈されることで、教育と研究領域での利器が増えました。産学協同により、学生たちに業界の最先端レベルに近づかせ、台湾のスマート機械の人材育成に共に努力していきたいと話しました。


協易機械は高雄科技大学との産学連携の経験が幾たびあり、同大学の研究開発と技術レベルを認め、今回の寄贈も長期的な産学連携の徹底的な実践です。郭挺鈞総経理は、研究と技術レベルの高い同大学は台湾機械産業の人材育成の揺籃でもあると賞賛し、協易機械は学生の専門能力と技術を高める場を提供し、産業界に貢献できる人材を育成しようと考えております。


協易機械は産業界と学界の連携と交流することにより、学術と実務への応用を深め、産業の人材育成及び産業のイノベーションとレベルアップを促し、産業界と学界のウィンウィンを構築していくことを期待しております。


2018-05-21