タンデムライン

タンデムライン

概要
タンデムラインは、自動車の大物部品のアウター・インナーパネルなど多工程の大物プレス製品加工によく使われています。
プレス機と自動化、周辺装置からなる高度なインターコネクテッドシステムは、先進的な統合制御により、生産性の向上と品質、安全性の確保が可能です。



特徴
タンデムラインの速度は、12~15 SPMが一般的です。生産速度をさらに上げる必要がある場合、サーボプレスの使用は良いソリューションとなります。
サーボプレスのスライドモーションは、搬送装置・送り装置と同期でき、生産効率を向上させます。


SEYIはお客様の生産方式や使用環境の条件に基づき、各機種・トン数をフレキシブルに組合せることで、最適なタンデムラインのソリューションを提供します。

SEYIの優位性

  • タンデムラインの複数プレスの同期制御・協調制御が設定可能 
  • 小型プレスにて構成するタンデムラインは、工場の必要天井高さを低く抑えられ、基礎ピット無しのため、工場建設(改築)費用を抑えることが可能。
  • サーボプレスとメカプレスで構成するハイブリッドのタンデムラインの構築も可能。
トランスファーからタンデムラインへ置き換えることで、複雑なトランスファー金型が要らず、偏心荷重を低減し各プレス機が金型ごとに最適な設定で稼働することにより、製品品質向上や金型調整の時間短縮、金型のメンテナンスコストの低減が可能です。


納入事例

SEYI SEL4-1600 x 1台 + SE4-800 x 1台 + SE4-600 x 2台のタンデムライン、6軸ロボットと自動金型交換との組み合わせ

  • 納入場所:中國
  • 加工用途: 自動車のハイテ材の大物部品
  • ソリューション:自動化ライン、停止時間の短縮、スマート生産リアルタイム監視


SEYI SE2-1000 x 1台 + SE2-800 x 1台+ SE2-600 x 3台で構成したタンデムライン

  • 納入場所:中國
  • 加工用途:ハイテン材使用による自動車部品
  • ソリューション:ロボット、自動金型交換との組み合わせ


SEYI SLG-1000 x5台で構成したタンデムライン

  • 納入場所:タイ
  • 加工用途:自動車部品
  • ソリューション:ロボット、自動金型交換との組み合わせ



類似製品